スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおさか東線(淀川~淡路駅-4)

前回記事
おおさか東線(淀川~淡路駅-3)(平成26年1月)

赤川鉄橋
01IMG_1947.jpg

仮橋閉鎖から8ヶ月が過ぎました。

鉄橋内部
02IMG_1945.jpg

この景色もだいぶん見慣れてきました…

亀岡街道踏切
03IMG_1946.jpg

バリケードが無くなり、中がよく見える様になってます。

踏切より
04IMG_1943.jpg

複線化の工事が進んでます。後はバラス敷いて線路?

同じく踏切より
05IMG_1944.jpg

向うは盛土ですが、手前はコンクリート製です。

都市計画道路淀川北岸線アンダーパス
06IMG_1942.jpg

おおさか東線の開通時には踏切を廃止し、
人も車もここを通る事になる予定です。

東淡路1丁目付近から淀川方向
07IMG_1949.jpg

先ほどの盛土を反対側より見ています。

東淡路1丁目付近から(仮称)淡路駅方向
08IMG_1950.jpg

ここも防音壁が出来て通過する列車が見えなくなりました…

ちなみに以前の様子
09画像 219 (2)

菅原交差点
10IMG_1951.jpg

都市計画道路歌島豊里線の工事が進んでいます。
ここが通れる様になっても、阪急高架工事が終るまでは新大阪まで抜けません。

菅原6丁目付近
11IMG_1952.jpg

12IMG_1953.jpg

前回記事で設置中だった防音壁が完成している様です。

(仮称)淡路駅予定地
13IMG_1954.jpg

ホームらしき物が出来ています。

近くで…
14IMG_1955.jpg

階段かエスカレーターですね。

反対側より
15IMG_1958.jpg

フェンスに囲まれていて、駅入口部はよく見えません。

阪急京都線交差部
16IMG_1961.jpg

向って右が阪急です。阪急が上を超えていくのですが、
ここから見るとホームに当りそうに感じます…(笑)

(仮称)淡路駅予定地西側
17IMG_1963.jpg

ここは相変わらず手つかず。
東側を終わらせ、営業線路をそちらに切替えてから着工でしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

ホームらしき物が出来てきてるんですね…

現実味が出てきましたね 駅が出来て来ると
何だかワクワクしてきますw
見に行ってみよw

kuma様

いつもありがとうございます。

はい。ワクワクしますね(笑)
散歩がてら歩いてみて下さい。

新しいブログはコメント欄ないのですね?
ふじ、双龍居、麺や紡と私が行きたいお店連発(笑)
羨ましいです~

No title

いっこうさん、こんにちは~(*^-^*)

こうして見ていると完成が楽しみになってきますね~!
しかし鉄橋内部、すごいな~(^◇^)

見た感じ、結構鉄道が入り込みそうに思うんですが、どうなんでしょう?
是非是非、完成まで拝見させて下さい!(^_-)-☆

ガルエージェンシー 神戸三宮 秘書K 様

こんにちは、コメントありがとうございます。

現在住んでいる辺りはJRと阪急の大型工事が進行中で
変わっていく景色を記録するのが楽しみです。

この鉄橋は去年まで人が渡れるので有名な場所でした。

知らない土地の変化であまり面白くないかも知れませんが
たま~にのぞいて頂ければ幸いです(笑)

おはようございます。
だいぶ進んできましたね。築堤の区間も残るようなので少しほっとしています。
踏切はどうするのかなと思ったら、やっぱり無くなるんですね。

きりん様

コメントありがとうございます。

とりあえず半面だけですが、だいぶ進んできました。
築堤も残りますが、防音壁が邪魔ですね…
沿線住民の事考えたら仕方ないのですが。

地元説明会で「踏切は無くし、アンダーパスにする」
と聞きました。
ただ堤防上の通行は南詰と同じく分断されますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

ありがとうございます。

中々更新できない中、ご訪問&コメントありがとうございます。
貴ブログは毎日楽しく拝見しています。
プロフィール

いっこう

Author:いっこう
大阪市内に住む
平凡なおっさんのブログです。
不定期更新ですが、
ぼちぼちやっていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
トリップアドバイザー大阪ホテル
ブログリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。