スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖疏水を辿ってみた(京都府編)

前回記事「滋賀県編」からの続きです。

お昼御飯を山科の駅前で食べて再出発です。

蹴上を目指して~
31IMG_6057.jpg

赤い橋
32IMG_6060.jpg

これはお寺へ繋がってました。

気になる…
33IMG_6061.jpg

ブロック造りの洋館がありました。

橋が高い
34IMG_6063.jpg

船の通行を考えて橋は高くなってます。

この橋のたもと…
35IMG_6064.jpg

「明治~~」読めない…。
「請負人大西己之助」個人名でした。

見えてきた~
36IMG_6065.jpg

第二トンネルが見えてきました。
いちばん短いトンネルです。

説明看板
37IMG_6068.jpg

ポイント毎に説明がありよくわかります。

トンネル入口
38IMG_6070.jpg

ロープが見えますね。
トンネル内で櫂が効かない時に船頭さんは
ロープを引っ張ってトンネルから出たそうです。

第二トンネル出口
39IMG_6072.jpg

凝った造りですね。
丸いのが目で魚の顔っぽく見えませんか(笑)

第二トンネルの先に…
40IMG_6073.jpg

日本最初の鉄筋コンクリート橋
41IMG_6076.jpg

木の橋が当たり前の時代に珍しかったようです。
柵は最近の物ですね。

第三トンネル入口
42IMG_6077.jpg

これを抜けるといよいよ蹴上です。

人は山越え…
43IMG_6079.jpg

見えてきた~
44IMG_6082.jpg

トンネル出口が見えた…と思ったら
これは第二疏水のトンネル出口でした。
ここで合流するようです。

第一疏水、第三トンネル出口
45IMG_6086.jpg

奥に見えるのが第三トンネル出口です。
向かって左にさっき見た、第二疏水のトンネル出口があります。

ここから
46IMG_6093.jpg

水はこのような導水管を通って京都市内の浄水場へ行きます。

一部は…
47IMG_6095.jpg

これを通って蹴上発電所へ流れます。

インクライン
49IMG_6089.jpg

50IMG_6090.jpg

ここまで最小限の勾配で流れてきた水が
一気に急勾配で下るため、船はここで
インクラインに乗せて運ばれてました。

インクライン線路
48IMG_6116.jpg

インクライン、今は動かず静態保存です。
この勾配を船が上がって行く、当時の様子を見たかったです。

疏水分流
51IMG_6099.jpg

少量の水がここから京都北部へ流れてます。

立入禁止
52IMG_6102.jpg

下に降りてみます。

疏水閣
53IMG_6108.jpg

よくテレビ等で紹介されるやつです。
この上を先程の水が流れてます。

ここで浄水場、発電所、疏水閣と三つに分かれました。
発電所を通った水はまた疏水へ戻ります。

そこには…
54IMG_6119.jpg

疏水記念館や京都動物園があります。

また流れ始め…
55IMG_6122.jpg

平安神宮前を通り
56IMG_6123.jpg

市内を流れます
57IMG_6124.jpg

疏水
58IMG_6126.jpg

橋にはやはり「疏水」の文字

夷川ダム
60IMG_6130.jpg

ダムと言っても、落差数メートル程です。
一応、発電所も併設されてます。

ダム下流
61IMG_6132.jpg

落差があるので水が勢いよく流れてます。

いよいよ…
62IMG_6134.jpg

鴨川が近づいてきました。

放水口
64IMG_6137.jpg

橋の下が鴨川への放水口ですが、
この日は鴨川への放水は無しでした。

鴨川と平行する水路で宇治川まで流れてます。
残念ながら今回はここで終りです。

また機会があれば、ここから宇治川までも
辿ってみたいです。

鴨川
65IMG_6138.jpg

素晴らしい近代化産業遺産でした。
また違う季節に歩くのも良いかもです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

琵琶湖疏水

キレイな景色ですね、ゆったりとした流れが素晴らしい。
歩いてどのぐらいかかりました?
緑がキレイな時期で良かったですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まさる様

いつもありがとうございます。

9時過ぎに大津駅を出発して、昼頃に山科
3時頃に蹴上、5時頃に鴨川ゴールでした。

ただ、ポイントの度に止まって写真を
撮りながらの時間ですけど(笑)

写真の中、緑の占める割合が高いですね。
いいコースを歩けました。

No title


いっこうさん、こんにちは♪
琵琶湖疎水ハイク、緑が目に鮮やかで
とても気持ちが良さそうですね

今回の記事、とても勉強になりました~
琵琶湖から鴨川までこんな風に水がやってくるんですね
その疎水で水運、電力、用水の供給などが同時に実現していたなんて!
本当に凄いですね~
インクラインや南禅寺の疎水閣、平安神宮に沿って流れる疎水など
桜の時期にお馴染みの場所が、次回はまた違った目で楽しめそうです
このコースのハイキングもいつか行ってみたいなぁ

ぷぅ様

こんにちは~ありがとうございます。

はい、当日は暑すぎず気持ちよい気候でした。
木々の緑も綺麗でした。

私も南禅寺や平安神宮の疏水は見てましたが
どうやって琵琶湖から来てるのか不思議でした。

歩いてみて、明治時代によく造ったなぁと感心しました。
腰痛、お大事にしてくださいね。

京都編キター!

南禅寺水路閣の導入口とインクラインのてっぺん。
僕は、琵琶湖疏水の京都側はココまでしか行けませんでした。
琵琶湖からココまでの間にどんなものがあったのか、
なかなかの興味深い内容に感嘆です。

行っておけばよかった、と
心底全力で地団駄踏んでます。

長い行程のレポート
ありがとうございました。
&お疲れ様でした。

キーロ様

いつもありがとうございます。

さすがにこれの為だけに関西遠征は
難しいですね(笑)

こちらこそ興味を持ってご覧戴きまして
感謝しております。
プロフィール

いっこう

Author:いっこう
大阪市内に住む
平凡なおっさんのブログです。
不定期更新ですが、
ぼちぼちやっていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
トリップアドバイザー大阪ホテル
ブログリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。